最新記事を公開しました→ 詳しくはこちら

簡単WPローカル構築!Local(旧Local by Flywheel)の始め方・使い方

「本番サイトで作る前にローカルサイトである程度作りこみたい」
「ワードプレスをローカルで作りたいけど、やり方がわからない」
「ローカル環境を構築しようとしたけど難しくてわからない!」

このようにワードプレスのローカル環境についてお悩みではありませんか?
ローカル環境構築するための様々なソフトがありますが、導入手順や使用感はソフトによってまちまちです。

人によっては、ローカル環境構築を頑張ってみたけどうまくいかず挫折したなんて経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時は、Local(旧Local by Flywheel)を試してみてください。
Localはワードプレスのローカル環境構築ソフトの中でもとても簡単に導入できる上にしっかり使えるので初心者からプロまで様々な方におすすめできます。

今回はそんなLocalの導入・使い方を解説しますので、ローカル環境構築にお悩みの方は是非参考にされてください。
Localには有料版と無料版がありますが、今回は無料版の始め方・使い方の解説をします。

※この記事を書いている私はWindowsユーザーですが、Localの使い方は共通しているのでMacユーザーも問題なく参考にしてください。

目次

Local(旧Local by Flywheel)の導入方法

では早速Local(旧Local by Flywheel)の導入方法を解説します。
流れとしては以下になります。

  1. Local(旧Local by Flywheel)公式サイトにアクセス
  2. Localをダウンロード
  3. Localをインストール

分けて導入方法をチェックしていきましょう。

Local(旧Local by Flywheel)公式サイトにアクセス

まずはLocal公式サイトにアクセスします。
公式サイト:https://localwp.com/

Local公式サイトにアクセスしたら、「ON DOWNLORD FOR FREE(無料ダウンロード)」と書かれているところをクリックしてダウンロードを始めます。

Localをダウンロード

ダウンロードの際に、上記のポップアップが出現しますので、「Please choose your platform」をクリックします。

OSを選ぶメニューが現れるので、自分の使っているデバイスのOSを選んでください。

OSを選ぶと、次に名前などの入力する欄が出てきますので、入力していきます。

何を入力したら良いかは、以下にまとめましたので参考にされてください。

First Name名前
Last Name苗字
Work Emailメールアドレス
Phone Number電話番号

入力が終わったら、「GET IT NOW!」をクリックしてください。

「Your download is starting!(ダウンロードが開始されました)」と表示されたらダウンロードが終わるのを待ちましょう。

Localをインストール

Localのダウンロードが終わったら、上のようなファイルがダウンロード先に出現していますので、クリックしてインストールを開始しましょう。

セットアップ画面が出てきますので、こちらはお好みで選んでください。
「次へ」をクリックします。

インストール先を選ぶ画面になりますので、インストール先を選びたい場合は参照を押して選びます。
特にインストール先に拘りがない場合は「インストール」をクリックします。

後々に、どこにインストールされたか見たい場合はインストール先フォルダがどこかもこの時に見ておくと安心です。

暫くインストールが終わるのを待ちます。

終わったら「完了」をクリックします。

Localをそのまま実行する場合は「Localを実行」のチェックを外さずに、今日はインストールをするだけで良いという場合はチェックを外しておきましょう。

Local(旧Local by Flywheel)の使い方

Localを初めて起動すると、上記のような文が出現します。

Is it ok to enable usage reporting?
Make Local better by enabling usage reporting.Let Local compile anonymous feature usage to help us prioritize and improve the tools you use most!
You can change this in Preferences(under Advanced) at any time.Learn more
turn on usage reportting
No, thanks

日本語訳したものは以下になります。

使用状況レポートを有効にしても大丈夫ですか?
使用状況レポートを有効にして、Localをより良くしましょう。ローカルが匿名で機能の使用状況を集計し、最も使用するツールの優先順位付けと改善に役立てることができます。
この設定は、環境設定(詳細設定)の下でいつでも変更することができます。詳細はこちら
使用状況レポートをオンにする
いいえ、結構です。

つまりLocalに使用状況をレポートするかどうかを聞かれているわけですね。
こちらはお好みで選んでください。

Localでワードプレスを始める

ではいよいよワードプレスを始めてみましょう。

まず左下にある+ボタンをクリックします。

Create a new siteSpin up a new WordPress or headlessWordPress site.
Create from a BlieprintStart new site with pre-installedelements like plugins and themes What’s this?

という英語の文章がでてきますが、こちらを日本語訳すると以下になります。

新しいサイトを作成する新しいWordPressまたはヘッドレスサイトを立ち上げます。WordPressサイトをスピンアップします。
Blieprintから作成プラグインやテーマなどの要素がプリインストールされたプラグインやテーマなどの要素がプリインストールされた新規サイトを立ち上げます。

お好きな方を選んでください。
今回は特にインストールなどされていない素のワードプレス(左)を選びます。
選んだらContinueを押してください。

すると入力する画面が出てきますが、こちらは何でもいいです。
今回はtestで作りました。
入力したらContinueを押してください。

Preferred  Customという英語が出てきますが、こちらはPHPのバージョンやWebサーバーの種類を選ぶかどうか聞かれているので、特に指定がない場合は左を選びます。

選んだらContinueを押してください。

次に任意の名前・パスワード・メールアドレスを入力する欄が出てきますので入力します。

本番サイトがあって、ローカルで作った後に本番サイトに移す場合は本番サイトで使う名前・パスワード・メールアドレスを入力しておくと後々楽ですよ。

ログインでも使用するので覚えておきましょう。
入力後にAdd Siteを押してください。

暫く待ちましょう。

準備が整ったら、右上にあるWP Adminをクリックします。

ブラウザでLocalのワードプレスを起動

ソフトのWP Adminを押すとブラウザが起動し、ワードプレスログイン画面が出現します。
設定した名前とパスワードを入力して、Log inを押します。

ワードプレスを日本語化

英語のままでいい人はこのままでも問題ないですが、日本語化したい場合は日本語化していきましょう。
まずSettingsの中のGeneralを開き、Site Languageを見つけてEnglishになっている部分を「日本語」に変更します。

日本語を選ぶと上記のようになります。

日本語を選んだら、Save Changesをクリックしましょう。

おめでとうございます、日本語化成功です!

Localで構築したサイトのPHPをいじるには……

Localでサイト構築したら、人によっては自分が使用しているエディターでPHPもいじりたい人もいらっしゃいますよね。
しかしフォルダの場所がわからないとどうしようもありません。
そんな時は以下の方法をお試しください。

Localのソフトを起動したら、フォルダの場所を知りたいサイトを選び「Go to site folder」をクリックします。

するとフォルダが立ち上がりますので、「app」をクリックします。

publicとありますので、こちらをクリックします。

クリックすると、ワードプレスの中身が出てきますので、任意のエディターで開くなどしていじっていきましょう。

まとめ

Localは誰でも簡単にローカル環境を構築できる便利なソフトです。
特別な知識も必要ないので、パッと始められるのも良いですよね。

ローカル環境をできるだけ手軽に構築したいな、と考えている方は是非一度お試しください。
手軽さにびっくりしますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる