Web制作はオワコン?稼げない?現役フリーランスが本音で解説

Web制作に悩む人

Web制作はオワコンって聞いたけど本当?

今から始めたら遅いの?

とし

結論、Web制作はオワコンじゃありません。

実際に僕が支援しているコードスルーのメンバーは、

Web制作で継続的に稼いでいます!

Web制作で稼いでいる人は多いのに、
Web制作はオワコンと言われてしまうのには原因があります。

この記事では、なぜWeb制作はオワコンと言われるのか、
オワコンにならないためにはどうすればいいのかを解説します。

Web制作未経験者でも、
コミュニティに入って効率よく学習していけば
稼げるようになりますよ。

この記事を読んで、僕と一緒にWeb制作を始めていきましょう!

目次

Web制作がオワコンと言われる4つの理由

Web制作がオワコンと言われる理由は、以下の4つです。

  • ノーコードやAIに仕事を奪われる
  • フリーランスの増加によって競争が激化している
  • 受注した際の単価が低い
  • 激務になりやすい

特にノーコードツールやAIが普及したことで
Web制作を始めるのに不安になっている人が多いので、
詳しく解説していきます。

ノーコードやAIに仕事を奪われる

ノーコードツールやAIが普及したことで、
初心者でも簡単にWebサイトが作れるようになりました。

ChatGPTなどのAIを使うことで、
難しいコーディングも簡単にできるようになっています。

これまで専門的な知識やスキルが必要だったWeb制作の業務は、
ノーコードツールやAIの普及によって
少しずつ専門性が薄れてきています。

フリーランスの増加によって競争が激化している

Web制作がオワコンと言われる理由には、
フリーランスの増加も関係しています。

近年のIT業界はフリーランス志向が強いため、
案件を獲得する際の競争が激化している
ためです。

Lancers株式会社が発表した
新・フリーランス実態調査 2021-2022年版
2021年のフリーランス人口は1,577万人となり、
前回調査した2015年と比較すると640万人(68.3%)増加しています。

フリーランス協会が発表
フリーランス白書2023
一番割合の多かったフリーランスの職種は
「クリエイティブ・Web・フォト系」
でした。

上記のデータから、Web制作に従事するフリーランスが
増加していることがわかります。

フリーランスが増加した背景には、
副業の解禁や在宅ワークが浸透したことなどの影響があります。

受注単価が極端に低い案件がある

Web制作案件は
受注単価が極端に低い案件があることも問題視されています。

ノーコードツールの普及と競争の激化で専門性が薄れ、
Web制作そのものの単価が下がっている
ためです。

特筆するスキルがなくても個人でWeb制作ができるため、
極端な低価格で受注しようとする人が増えたのも事実です。

特にクラウドソーシングでの案件は、
極端な低単価の募集も散見されます。

ノーコードに限らずコーディングでも
下請けの下請けの3次請けでのような案件は特に要注意です。

単価は安くなっていますが、求められるクオリティは変わらないため、
割に合わないと考えてしまう人も増えています。

極端な低単価案件は初心者が実績を作る際に限定し、
極力受注しない方がいいでしょう。

1件あたりの単価が下がれば大きく収益を伸ばしにくいため、
Web制作はオワコンと言われる
ようになっています。

激務になりやすい

Web制作の現場は、以前から激務が指摘されやすい業界でした。

受注した案件の納期厳守は絶対条件ですが、
クライアントからの修正が多いと
長時間労働や時間当たりの単価が低くなってしまいます。

また、Web制作では一次~三次請けまで階層化することもよくあるので、
下流になればなるほど納期がタイトになり単価が低くなるのも問題です。

フリーランスとしてWeb制作する際も下流工程になることが多いため、
納期がタイトな割に単価が低くなりやすい
といえます。

Web制作会社から案件を受注する際は、
基本的に二次請け以降になると考えておきましょう。

実際にWeb制作はオワコンなのか?

Web制作はオワコンと言われていますが、実際はそんなことはありません。

その理由は以下の通りです。

  • ノーコードツールを使った案件も多い
  • 優秀なフリーランスは不足している
  • 制作以外の価値を提供することで単価アップが可能
  • 自由な働き方も可能
  • Web制作業界の市場規模は伸びており将来性もある

優秀なフリーランス不足とWeb制作業界の市場規模が伸びているので、
まだまだ需要があるというのが実情です。

ノーコードツールを使った案件も多い

ノーコードが普及して
比較的簡単にWebサイトが作れるようになったとはいえ、
ノーコードツールを使ったWeb制作案件も多く、
まだまだ需要はあるといえます。

なぜなら、ノーコードツール使用するにも
ある程度Web制作に関する知識が必要になるためです。

コーディングだけの案件は減っているため、
コーディングの仕事だけで生き残るのは難しいでしょう。

しかし、ノーコードツールを使った案件が増えているため、
ノーコードツールを学んでおくことで継続的に稼ぐことは可能
です。

ノーコードツールは「STUDIO」や「Wix」など種類が豊富なので、
効果的に学習するロードマップがあると収益化までの時間を短縮できます。

以下に、僕がノーコードWeb制作で稼ぐ方法を徹底的に解説した
記事を貼っておくので、これからノーコードツールを学びたい人は
積極的に活用してみてください!

あわせて読みたい
【知らないと損】ノーコードWEB制作で月30万円を稼ぐ5ステップロードマップ 未経験・初心者からノーコードWEB制作で月30万円を達成する手順を5STEPでまとめました。「コーディングが難しい…」「教材も何がいいかわからない」「はやく稼ぎたい」という人は必見です!

優秀なフリーランスは不足している

フリーランス自体は増加していますが、
新規参入者が増えているためスキル不足や納期に遅れるなど、
ビジネスマナーができていない人も増加しています。

Web制作は、クライアントがいて初めて案件が発生します。

フリーランスとしてのスキル全般が不足している人が増加したため、
Web制作スキルやクライアントワークスキルをもとに
丁寧にWeb制作を続けられるフリーランスは貴重な存在
です。

Web制作の案件自体は増えているため、
フリーランスでもスキルと実績がある人は、
プロジェクトの企画や管理などの上流工程を担当できる
でしょう。

上流に行けば行くほど単価が上がり余裕のある納期で働けるので、
Web制作がオワコンとは一概に言えません。

制作以外の価値を提供することで単価アップが可能

Web制作の仕事は、単にWebサイトを作るだけではありません。

クライアントの集客をサポートするため、
以下のような業務に対応することで単価アップが可能です。

  • MEO
  • SEO
  • SNS運用
  • LINE構築

MEOとは、マップエンジンの最適化のことです。
Googleマップなどの地図アプリの検索結果で、
上位表示させるための施策を施します。

SEOとはGoogleなどの検索エンジン最適化のことです。
検索エンジンに評価されて上位表示するための施策を施して、
サイトを上位表示させることを目的とします。

SNS運用やLINE構築も、
クライアントの認知向上やサービス販売に欠かせない施策です。

Web制作だけでなく、
集客や売上につながる上記のような施策を提供することで単価が上がり、
クライアントにとって代わりの利かない貴重な人材になる
でしょう。

自由な働き方も可能

Web制作は激務になりがちですが、
Webディレクターになれば自由な働き方も可能です。

Web制作の経験と実績を積んでいくと、
Webディレクターとしての仕事を担当できるようになります。

Webディレクターの主な仕事は、以下のとおりです。

  • クライアントとの打ち合わせ
  • 納品対応
  • 成果物のチェック
  • 修正対応

上記の仕事は全てオンライン上で完結するので、
旅をしながら生活するノマドワーカーになれます。

実際、僕もWebディレクターになってから、
1年のうち3ヶ月ほどは働きながら旅行ができる
ようになりました。

Webディレクターになる方法は
以下の動画で詳しく解説しています。

場所や時間に縛られずに自由な生活をしたい人にとって、
Web制作はとても相性のいい仕事です。

Web制作業界の市場規模は伸びており将来性もある

Web制作業界の市場規模は伸びているので、
オワコンどころか将来性のある仕事といえます。

引用:特定サービス産業動態統計調査|経済産業省

経済産業省が2023年12月に公表している
「特定サービス産業動態統計調査」では、
Web制作に該当する
「課金・決済代行及びサイト運営業務」の市場規模は
上記のように右肩上がりになっています。

今後も業界の成長が期待できるため、
今からWeb制作を始めても遅くありません。

これからも新規参入するフリーランスは増えると予想できるので、
少しでも早くWeb制作の学習を始めた方がいいでしょう。

今後は稼げるフリーランスと稼げないフリーランスが
ハッキリと分かれてくると思うので、
効果的に学習できる環境を作っておくことが大切
です。

【注意】今後Web制作で食えない人の特徴3選

Web制作はオワコンではありませんが、
以下のような人は今後食えなくなる可能性が高いのも事実です。

  • 新しいスキルを身につけない
  • 誰でもできる作業しかできない
  • クライアントと信頼関係が築けていない

Web制作は常に新しい知識やスキルを身につけないと、
他のフリーランスとの競争で優位に立てなくなるでしょう。

新しいスキルを身につけない

市場の移り変わりが激しいWeb制作業界では、
常に最新の知識やスキルが必要です。

ノーコードツールやAIが普及したように、
新しいツールや技術が次々と誕生してくるからです。

また、デザインにもトレンドがあるので、
最新のトレンドをキャッチアップしないと
クライアントの要望を満たせない
でしょう。

ノーコードの案件が増えてきたように、
時代によって案件に必要な知識やスキルも変わってきます。

新しいスキルを身につけない人は、
市場から取り残されてしまうので稼げなくなるでしょう。

誰でもできる作業しかできない

これからのWeb制作では、
Webサイトを作るだけの人やコーディングしかできないといった人は
生き残るのが難しいでしょう。

今のWeb制作業界はノーコードやローコードが主流なので、
簡易的なWebサイトはコーディングが不要になっているからです。

今後、ノーコードツールがさらに進歩すると、
今よりもコーディングを使う場面は減ってくる
と予想しています。

長くWeb制作の仕事を続けていくためには、
新しいスキルを身につけてできることを増やしていくことが大切です。

新しいツールや技術が誕生したら、率先して使い方を学んで、
日々の業務にどうやって活かしていくか考える
癖を付けておきましょう。

新しいツールや技術の誕生は、初心者にとってはむしろ有利になります。

ライバルも新しいツールや技術を使う際はゼロからのスタートです。

先にツールや技術を習得すると市場で有利に立てるので、
あなたを選ぶ価値が生まれる
でしょう。

クライアントと信頼関係が築けていない

Web制作のスキルがあっても、
クライアントと信頼関係が築けていないと案件は続きません。

納期に遅れるのは論外ですが、
コミュニケーション不足や納品物のクオリティが低いのも
クライアントとの信頼を損ねる原因になります。

案件を受注したら、クライアントと適切なコミュニケーションを取り、
満足度を高める仕事を続けていけば依頼は途切れない
でしょう。

クライアントから信頼を得ると、
新たな案件を獲得できたりクライアントを紹介してもらえたりします。

「相場より高い金額を払っても
クオリティの高い〇〇さんに頼みたい」

クライアントがそう思える仕事を続けることが、Web制作では大切です!

今後Web制作でオワコンにならないための6つのポイント

Web制作でオワコンにならず今後も稼いでいくためには、
以下の6つのポイントが重要です。

  • 常にスキルをアップデートしていく
  • 上流工程の仕事をする
  • 制作以外もできるようにする
  • スキルの専門性を高める
  • クライアントの信頼を獲得する
  • コミュニティに所属する

仲間と一緒に学習し続けられる環境を作っておくことが、
今後もWeb制作で稼ぎ続けるために特に大切
です。

常にスキルをアップデートしていく

Web制作では、最新のツールや技術を使えることが大きなメリットになります。

ライバルができないことを先に覚えることで、
先行者優位になって案件を受注しやすくなる
ためです。

また、コーディングやデザインスキルを上げていくことも大切です。

今、2000年代に作られたWebサイトを見ると古く感じませんか?

デザインは時代によってトレンドが異なるので、
常に最新のトレンドを把握して提供できるようにしておきましょう!

そのためには、Web制作の情報発信をしている人のSNSをフォローしたり、
Web制作をしている仲間を作ったりして情報収集を続ける
ことが大切です。

待っていてもスキルはアップデートできません。
自分から行動を続けることが、スキルのアップデートでは必要です。

上流工程の仕事をする

スキルを身につけて上流工程の仕事をできるようになれば
重宝される人材になります。

Web制作者の上流工程は、
WebディレクターやWebマーケター
などの仕事です。

どの業界でもそうですが、
上流工程になればなるほどライバルは少なくなります。

Web制作者として作業するフリーランスは多数いますが、
WebディレクターやWebマーケターができるフリーランスは
多くはありません。

ライバルが少ない上流工程の仕事を目指すことで、
市場価値が高まりより稼げるようになります。

Web制作では多くの工程があり、それぞれに担当者がいます。

Web制作を担当する際は案件全体を見渡して、
上流工程を担当する人のスキルや業務内容をチェックしてみるのも効果的です。

制作以外もできるようにする

Web制作=Webサイト制作と思われがちですが、
制作以外の仕事も大切です。

クライアントとコミュニケーションを続けていくと、
現状の課題や悩みなどを聞ける
機会があります。

その際にWeb制作以外の業務でも積極的に提案することで、
クライアントからの信頼を獲得できるでしょう。

集客に関わるMEO・SEO・SNS運用・LINE構築などで
クライアントの売り上げに貢献できると、
受注単価もアップ
していきます。

僕も常にクライアントの課題や問題を深掘りして提案を続けてきました。

その結果、信頼関係を築けて現在では多くの案件を担当させてもらっています。

Web制作だけに縛られず、
クライアントの悩みを一緒に解決する意識で
案件に取り組みましょう。

スキルの専門性を高める

Web制作スキルの専門性を高めていくことも、稼ぎ続けるために必要です。

1つのスキルを突き詰めると専門性が高まるので、
他のWeb制作者との差別化が図れます。

どんなスキルを高めていくか迷っている人は、
以下のスキルを深掘りしてみましょう。

  • 複雑なコーディング
  • 難しい言語
  • UI/UXを考慮したデザイン

どれもWeb制作には重要なスキルですが、
他のWeb制作者よりも特化していくことで大きな武器になります。

「〇〇のジャンルなら〇〇さんのデザインだよね」
クライアントから上記のように言われると、
単価交渉もしやすくなります。

専門性を高めていって、
あなたに依頼したくなる理由を作っていきましょう。

クライアントの信頼を獲得する

Web制作者として長く仕事を続けるためには、
クライアントからの信頼獲得がとても重要です。

常にクライアントの売り上げにコミットし、
デザインや周辺業務などのWeb制作以外の業務も積極的に提案して
価値を提供
し続けていきましょう。

人間は返報性という性質を持っていて、
相手から何かを受け取るとお返しをしたくなる習性があります。

クライアントの成果にコミットし続けたWeb制作者は、
案件の継続や新規クライアントの紹介などを
受け取れるようになっていきますよ。

目先の利益にとらわれずに、
まずは自分からクライアントに価値与える、
先にクライアントの成果を出す。

クライアントワークでは、上記の考え方が大切です。

コミュニティに所属する

Web制作者として稼ぎ続けるためには、
志が高いWeb制作者が集まるコミュニティに所属するのが効果的です。

コミュニティに所属することで新しい情報を得られたり、
案件を共有したりできるからです。

僕が主催している「コードスルー」では
Web制作に関する知識やデザインだけでなく、
SNS運用やマーケティング支援の情報も提供
しています。

他にも、以下のような営業関連の支援も行っています。

  • 営業ノウハウ全般
  • プロフィールや提案文の添削
  • 案件・納品支援
  • 顧客対応
  • ディレクション支援

そのため、全くの未経験者から収益を安定させたい人まで、
多くのフリーランスが所属していますよ。

独立初月に170万円売り上げた人もいるので、
「これからWeb制作を始めたいけど不安」と感じている人に最適です。

Web制作者として独立したい、稼ぎたい
と考える人が多数参加してくれているので、
コミュニティ内の志が高いのも特徴です。

もっとコードスルーのことを知りたいと思ってくれた人は、
以下のリンクから僕とコードスルーの紹介を見てください!

あわせて読みたい
WEBフリーランス育成講座「コードスルー」紹介【学習→営業支援→収益安定化まで一気通貫】- CodeThrough ... 「未経験・初心者が学習して営業するイメージが湧かない…」「最短最速で個人で稼げるようになりたい」「WEBスキルで実際の営業って、どうやるのかな?」「学習・営業し...

Web制作に関するよくある質問

Web制作に関する質問として多いのが、
以下のような質問です。

  • Web制作はどのくらい稼げる?
  • Web制作は副業だと稼げない?
  • Web制作は独学で稼げる?

累計200名以上のWeb支援を行ってきた僕の経験をもとに、
それぞれの質問に対して直球で回答していきます!

Web制作はどのくらい稼げる?

Web制作は、初心者からでも安定して月50万円稼ぐことは十分可能です。

初心者からは無理だと思う人が多いと思いますが、
初心者からでも安定して月50万円稼ぐロードマップを公開しています。

僕もこのロードマップを使って、1年後には月に700万円稼ぎました。

コードスルーのメンバーも初心者や未経験者から
1ヶ月〜2ヶ月で10万円、20万円、30万円と稼いでいます。

再現性がとても高いので、月50万円も十分稼げると断言できます!

Web制作は副業だと稼げない?

Web制作は副業でも十分稼げます。

実際にコードスルーでは、
副業Web制作で稼いでいる人がたくさんいます
よ!

会社員の副業が解禁されてから、
動画編集やWebライターなど色々な副業にチャレンジする人が増えました。

しかし、副業では収益を伸ばせない、
案件が取れないと悩む人が多いのも事実です。

Web制作の副業は正しい学習を続けていくことで
未経験者でも安定して稼げる
ようになります。

これからどの副業をするか迷っている人には、
僕は胸を張ってWeb制作をおすすめ
します!

Web制作は独学で稼げる?

Web制作は独学でも稼げるようになります。

しかし、スキルの習得に時間がかかるので、
途中で挫折してしまう可能性があります。

Web制作で稼ぐためにはコミュニティや教材でスキルを身につけて、
実際に案件を受注してみるのがおすすめ
です。

学習時間を短縮して実際に稼いでみることで、
それ以降の学習意欲が高くなって良い循環が作れます。

また、実際に案件を受注してみると何を学習したらいいかが
分かりやすくなります。

【結論】Web制作はオワコンじゃない!今からでも稼げます!

Web制作はオワコンと言われますが、今からでも十分稼げます!

確かにフリーランスが増えてライバルは多数いますが、
クライアントに価値を提供できる人ばかりではありません。

コミュニティなどで常に学習を続けていくことで、
長期的に安定して稼げる環境が作れます。

また、未経験者は学習時間の短縮にもつながるので、
コミュニティへの加入がおすすめ
です。

LINEでもWeb制作で稼ぐための情報を発信しているので、
もっと稼ぎたいと思っている人は登録してみてください。

無料登録でプレゼント

筆者としが運営するWEB制作支援コミュニティの公式LINEでは、無料登録でプレゼントを複数手に入れることができます。興味がある方は下記よりご登録ください。

\ LINE登録はこちら /

プレゼントの例はこちら。

・有益情報が満載の動画が多数のYouTube『とし Web制作フリーランス育成コーチ 』
・あなたの性格タイプがわかり営業に活かせる『ソーシャルスタイル診断』
・案件獲得ができるようになる『案件獲得ロードマップ』
・副業、フリーランスで成功した人たちの成功インタビューを集めた『講座生実績』

など様々なコンテンツを提供中です。

公式LINEご登録後のたった10秒のアンケートにご回答後に写真のメニューから選択できます。
ご興味ある方は、ぜひ確認してみてください。

\ LINE登録はこちら /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次